【高大接続】愛媛大学附属高等学校での活動について

ELS担当教員が受け持つ附属高校での授業に多くのELS受講生・修了生が参加しています。「グローバル・スタディーズ」の授業では、これまでの留学経験や海外研修の体験についてプレゼンを行ったり、ともに訪れる愛大への留学生のサポートに入ったり、高校生がするプレゼンのアドバイザーを務めたり…等に取り組みます。「キャリア学習」の授業では、高校生が直面する進路選択・専門科目選択に関して、自分の経験談を話したり、現役生ならではのコメントを述べることにより、それらに関するヒントを提供するよう努めます。

◆ 2017年6月「グローバル・スタディーズ」実施の様子

2017年6月16日(金)、愛媛大学附属高校にて高大接続授業「グローバル・スタディーズ」が実施されました。体験を通じて高校生の視野が広がること、グローバルに活躍するきっかけとなる基礎的知識を得ることを期待して、教員による講義と現役大学生によるプレゼンテーションを行いました。現在、海外の大学から愛媛大学に留学している5名の留学生とELS生5名の総勢10名の学生のプレゼンを順々に聞いた高校生は、これまで耳にすることの少なかった“生”の情報に触れ、海外や学外での活動について目を輝かせつつ学ぶ様子が観察されました。

(以下、ページ準備中です)