第4回やりたい仕事創造学校

 2017年3月25, 26日、ELS/UNGL研修プログラム「第4回やりたい仕事創造学校」を松山市野外活動センター(レインボーハイランド)で実施しました。松山市内の小・中学生とELS/UNGLの学生とが一緒になって、11名の社会人講師が提供する体験型授業や経験談、仕事のやりがい・働きがいなどについての話を通して、自分の将来について考えるきっかけを得ることができました。

 中心となって企画を立案し実施した愛大生9名はみなELS19期生。UNGL連携校から参加してくれた6名の学生たちの強力な助けを得て、プログラムを円滑に運営することができました。1日目午後、ご自身の経験や仕事へのこだわり、やりがいや働きがいについて率直に語ってくださった社会人講師の先生方、本当にありがとうございました。

 同日晩のスタッフミーティングでは、自分たちが担当する小・中学生に最高の学びを得て帰ってもらうために、自分たちには何ができるのかについて大学生間で熱い話し合いがなされました。意識するとせざるとにかかわらず、自分以外の誰かのために時間を忘れて議論を交わす姿に、「他者の成長に注目し、そのために必要な状況を整える」というリーダーシップの一側面が発揮される様子が見て取れました。

 それらリフレクションをもとに実施した2日目のプログラムの最後には、参加してくれた小・中学生によるプレゼンテーションが行われました。どの生徒も、この2日間で学んだことや気づいたこと、お兄さんやお姉さんと一緒に考えたことをベースに、今思う夢や目標について自分の言葉で発表しました。保護者さんの中には、しっかりとみんなの前で自分の考えを発表するお子さんを見て、涙を浮かべていた方もおられました。

 共催者としてご協力・ご支援くださったFネット愛媛の社長様方、誠にありがとうございました。そして、小・中学生に素晴らしい学びの場を提供してくれた学生スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした!

やりたい仕事創造学校

共催

  • Fネット愛媛

  • ココロエ愛媛

後援

  • 愛媛県教育委員会

  • 松山市教育委員会

 やりたい仕事創造学校は、今年で4回目を迎えます。キーワードは、「目標」です。大学全入時代と言われる今、なんとなく高校、大学へ行き、そして就職する人が数多くいる現状があります。原因は、目標がないからではないでしょうか?あなたは、現在目標を持っていますか?

 何らかの機会に自分のやりたい仕事や夢、つまり将来の目標を見つける人もいます。目標があると、自ずと自分がやるべきことが見えてきて、その目標を実現するために頑張れるのではないでしょうか。時には苦痛も伴うかもしれませんが、目標があるからこそ乗り越えられるのだと思います。

 中学生は、自分の将来を自在に変えられる最も良い時期だと思います。高校、大学でも自分の将来は変えることはできると思いますが、専門性が高まっていくにつれ、徐々に融通は利かなくなってきます。

 この学校を通じて、これからの夢や目標を見つけてもらいたいと思っています。中学生という何にでも挑戦できる今だからこそ、自分の仕事に誇りを持って生き生きと働いている社会人講師たちから、夢を見つける意味や、夢がある強みなどを学んでもらいたいと思っています。そして、大学生と一緒に自己診断ができる多彩なカリキュラムも用意しています。自分を知ることで、これからの目標や方向性も見えてくるかもしれません。

 

 これまで部活などで多忙な中、多くの中学生が参加してくれました、

たった1泊2日の中で多くの生徒が自らの心境に何らかの変化が生じました。

 今年もそんな学生を一人でも多く出せたらいいなと思っています。

少しでも興味を持っていただけたら是非、説明会にお越しください。

学生スタッフ(ELS修了生)の思い