ELSとは?

愛媛大学リーダーズ・スクール(ELS)では、
「組織の目標達成のために責任を持って行動し、大学の活性化や社会づくりに貢献する学生リーダーの輩出」
                                           を目指します。
​ELSの学習モデル

​「愛媛大学リーダーズ・スクール」は、講義(座学)とそれをベースにした諸科目・諸活動(実践)を通じて実施するリーダー養成プログラムです。

 開校:平成19年度

​ 受講生数:436名(第23期終了現在)

​ELSが養成する学生の能力等

ELSがリーダーシップに関連する能力として養成するのは次の5つです。

  1. リーダーシップ・マインド

  2. アクション力

  3. チームワーク力

  4. セルフ・リーディング力

  5. ​市民性/社会性

​ELSが大切にする7つの思い

ELSが学生リーダーシップ養成に関連して重視するキーワードは次の通りです。

  1. Critical Friend​(批評的コメントを率直に伝え合い、互いの成長に資する友人関係)

  2. Be Alert(研ぎ澄まされた感知力、鋭敏さ、感情移入する力)

  3. フィードバックとリフレクション(個人での振り返り、ピア・リフレクション、スタッフからのフィードバック)

  4. 謙虚さ・真摯さ・高潔さ

  5. 失敗は許されるが手抜きは許されない

  6. 走りながら考えよう(悩んで立ち止まるより、挑戦の中で考える力)

  7. ​次のリーダーを育てよう(次代のリーダーを養成し、アドバイス等によりサポートする力)

The History of ELS

第16期生までの活動の記録は、右記のリンクからELS Blogをご参照ください。

第17期からの活動の様子は、公式Facebookをご覧ください。